MC)まとめこむ:「え、マジで!」って思わず言っちゃうような日本史の豆知識教えてくれ:知識・雑談
    引用元:
  • http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1384551550
1:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:46:06.68 ID:PqRnGIX+0
肉じゃがは、東郷平八郎がロシア訪問時に食べたボルシチに感動して日本で再現したのが始まり

みたいなのくれ

10:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:48:18.61 ID:JRES9IH30
勝海舟はカツ回収していた

17:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:49:33.20 ID:SA/xqIui0
1870年(明治3年)から1878年(明治11年)までイギリスのポーツマス市に留学していた東郷平八郎が留学先で食べたビーフシチューの味を非常に気に入り、
日本へ帰国後、艦上食として作らせようとした。しかし、ワインもドミグラスソースも無く、そもそも命じられた料理長はビーフシチューなど知らず、
東郷の話からイメージして醤油と砂糖を使って作ったのが始まりという説がある。

20:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:50:23.28 ID:531A8YWnP
>>17
ビーフシチューだよな
良かった記憶あってた

26:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:51:48.74 ID:PqRnGIX+0
そうなのか、ボルシチ説はなんかの勘違いだったのかな

11:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:48:21.14 ID:3g73u0Ic0
福沢諭吉は禁酒中に「ビールは酒ではない」と言って、 毎日のようにビールを飲んでいた

16:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:49:12.04 ID:SKT1ZUMf0
今日クリスマスだからと休戦しちゃった武将がいる

35:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:53:57.62 ID:SKT1ZUMf0
>>23
義理1だけど割と教養とか民衆への政治は優秀だったと言われるあの人

22:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:50:42.74 ID:Zdnwrty80
日本の首都はまだ京都だよ説

30:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:52:52.64 ID:E6N8Bzt/0
>>22
というかあと何十年かたったらまた京都が首都になるとかならないとか

29:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:51:58.86 ID:ESkE/Wp/0
犬養毅が暗殺された二・二六事件の時に東京では雪が降っていたので
以来「東京で雪が降ると政治的によくないことが起きる」というジンクスがある

36:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:54:13.11 ID:BUDaVSVT0
真田幸村なんて人はいない
幸村は実在しなかった?
http://www.sanken-intl.co.jp/arcive_sanada/contents/mystery2/mys2.html
 真田三代でわけても高名な幸村の名は、実は講談などで使われた通称で、歴史上に実在した名前ではありません。幸村自身がこの名を使ったことはなく、また、周囲でも、幸村と呼んだことはないようです。

37:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:54:19.98 ID:BdSH2QsI0
めっちゃ薄いけど大抵の日本人には皇族の血が入ってる

39:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:54:57.76 ID:T3rLJnmB0
意外と見落とされているが大体6世紀くらいまでは朝鮮半島南部は日本の影響圏か支配領域で
半島国家も任那日本府を通じて日本に従っていたりするし百済という国は倭人が貴族だった

唐の時代になって高句麗と唐の連合軍に負けてそれらの領地や影響力は全て失われた

41:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:55:15.90 ID:MOzGk2sg0
なんだか若々しく書かれる前田慶二が家を出たのは50代

42:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:55:32.03 ID:NAQeYfTd0
勝海舟は子供時代に股間を犬に噛まれて死にかけた。

ちなみに、親父も子供の頃、崖に落っこちて股間を強打し、死にかけた。

45:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:55:46.09 ID:sy8evDc40
水戸黄門は全然旅してないとかそういうやつ

47:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:56:33.76 ID:YpTW0HE20
>>45
一番遠くても鎌倉あたりまでなんだよな

46:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:55:48.72 ID:neUUWxFg0
一時期、広島が首都になったことがある

日本の首都
日清戦争中の1894年(明治27年)9月15日から1895年(明治28年)5月30日には、広島県広島市に置かれた大本営(→広島大本営)において、明治天皇が直接戦争の指揮にあたった(広島大本営は翌1896年(明治29年)4月1日に解散)。1894年(明治27年)10月の第7回帝国議会は広島市で開催されている。立法・行政・軍の統括が東京から広島に移転していたことになり、この時期は広島が一時的に首都機能を担った。
48:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:57:04.31 ID:bSR0TnQA0
西郷隆盛像はキンタマが巨大化する病気だったからズボンが履けずにいつも着物だった

49:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:57:09.52 ID:MOzGk2sg0
芭蕉忍者説

50:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:57:15.16 ID:Zzxqjcyn0
松尾芭蕉は忍者説が割りと真面目にある

松尾芭蕉忍者説
芭蕉が生まれたのは寛永21年(1644年)のことで、出身地は伊賀国であると伝えられています。生家は百姓でしたが、姓を名乗ることを許されていたと言います。この当時、姓を名乗れたのは武士階級と、「土豪」と呼ばれる一部の農民階級であったといわれています。芭蕉が生まれた伊賀国は言わずと知れた忍者の里です。伊賀忍者の上忍や中忍の中には姓を名乗れる身分のものも居たことが、「芭蕉=忍者」説に拍車を掛けているのでしょう。
53:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:58:49.09 ID:MOzGk2sg0
虚舟という名の未確認物体

64:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:03:55.89 ID:C5PkY/6K0
>>53
宇宙人説とか
島流しにあった異国の貴族の姫説があったな

54:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 20:58:49.09 ID:SKT1ZUMf0
江戸時代で促成栽培使って季節よりも早く野菜売って幕府が規制してたとかそういうの

56:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:00:19.24 ID:MOzGk2sg0
江戸時代の飛脚はおにぎり二個で何十㎞も走るが肉を食うとへばる

58:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:00:46.88 ID:NAQeYfTd0
江戸時代にもアザラシが海流に流されて江戸の方まで来たことが幾度かある。

その時、江戸の人達はアザラシを「海獣」と名付けて妖怪の一種にしちまった。

59:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:00:49.00 ID:geMVJ8Cki
700年代に天竺を目指して旅に出て東南アジアで野垂れ死にした親王がいる

60:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:01:11.85 ID:T3rLJnmB0
長野が首都移転の候補地になったことは2度ある
2度目は有名な大戦末期の松代大本営だが、1度目は天武天皇が684年に計画していた

63:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:02:28.80 ID:PgptFKv80
水戸黄門は若い頃不良で辻斬りとかも楽しんでた
徳川光圀
幼少時には、兄(頼重)を差し置いての世子決定が光圀の気持ちに複雑なものを抱かせたといわれ、少年時代は町で刀を振り回したりする不良な振る舞いを行っており、吉原遊廓通いも頻繁にしていた。さらには辻斬りを行うなど蛮行を働いている[5]。しかし光圀18歳の時、司馬遷の『史記』伯夷伝を読んで感銘を受け、これにより学問に精を出すこととなる。

65:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:04:07.98 ID:Zzxqjcyn0
今川義元は愚将のように思われているが、かなり有能だった。

72:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:07:00.53 ID:9sqkZU6p0
エジプトの墓荒らしがミイラまで持っていくのは日本人のせい

77:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:09:04.93 ID:MOzGk2sg0
当時の日本人はミイラを薬としてありがたかってたのは事実だが、普通に日本以外の国特にヨーロッパでも燃料だったり薬だったりいろいろなことに使われてた

78:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:09:21.19 ID:H2DDwlaW0
日本で一番初めに作られた城は対馬に作られた金田城
663年の白村江の戦いで敗れた日本が本土防衛のために建造した

81:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:12:25.39 ID:C5PkY/6K0
紫式部と清少納言は仲が悪かった

84:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:14:04.23 ID:T3rLJnmB0
対馬はロシアに占領された事がある

88:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:16:05.05 ID:1IZ1JirB0
>>84
まじかよ
漂流してきたロシア人を介抱して仲良くなったって聞いたぞ
ロシアと日本の友好の証みたいな石碑っぽいのもある

85:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:15:10.96 ID:H2DDwlaW0
後醍醐天皇の「醍醐」はチーズのことを指す
昔の日本にもチーズがあったけど、いつの間にか作られなくなって消滅した

86:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:15:23.49 ID:qXelOZGI0
日本で最初にボーリングをしたのは新島襄
最初に体育の授業をうけたのも新島だった気が

87:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:16:03.81 ID:MOzGk2sg0
食用の蛙として輸入された蛙は繁殖しすぎて日本の生態系を変化させてる
お前のことだよウシガエル

67:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:04:20.38 ID:BXHxF3tK0
上杉謙信は女性だった可能性がある

71:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:06:33.15 ID:MOzGk2sg0
上杉謙信女性説
それを裏付けるが如く1ヶ月に一度謙信は酷い腹痛に悩まされていたという記述がある

70:VIPがお送りします 2013/11/19(火) 21:06:25.62 ID:T3rLJnmB0
村正は徳川に祟る妖刀として有名
家康の父、祖父、そして切腹した息子の信康まで全て命を落としたのは村正によってだった

が、これは別に祟りでもなんでもなく当時村正は刀鍛冶として一大ブランドで
東海地方ではよく出回っており、単によく出回ってて性能がよいから皆使っていただけ、というオチである

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事!

今読まれてる人気記事!

最近の人気記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


※1 : ななしこむ  2013年11月19日 21:55
>>29
二・二六じゃなくて五・一五じゃね
※2 : ななしこむ  2013年11月20日 16:47
>>85
「醍醐」はチーズじゃなくヨーグルトじゃね?
”醍醐味”の語源はその酸味からという
※3 : ななしこむ  2013年11月21日 00:47
義経はチビの出っ歯だったという話。
※4 : ななしこむ  2013年11月21日 02:20
鹿児島は明治以前は日本でも特に栄養が優れている食べ物が多かった。
だから外からきた忍者とかはすぐに見抜いたという。
155cmが平均だった江戸時代に薩摩人は170cmが平均だという説がある。
※5 : ななしこむ  2013年11月21日 10:33
>>4
鹿児島黒豚、とかだったか。
あれは日本では珍しい肉食文化があった事を示す文化だったな。
※6 : ななしこむ  2013年11月21日 20:46
※1
犬飼が殺されたのは五・一五だけど、雪降ってたのは二・二六だろうね。
五月中旬に雪はなさそうw
※7 : ななしこむ  2013年11月22日 19:32
※3
ちびの出っ歯だったという説と
ごっつい大男だったという説がある。所謂弁慶。
弁慶と義経が入れ替わったんじゃないかという説もあったりはする
※8 : ななしこむ  2013年11月23日 15:41
>エジプトの墓荒らしがミイラまで持っていくのは日本人のせい
ちょっと意味が違う。
墓荒らしは宝物に興味があるのであって、ミイラには興味がない。
ので、墓荒らし達はミイラは照明として燃やしていた。


これは日本の古墳を荒らした大昔の泥棒達も同じ。


※9 : 歴史オタ  2013年11月25日 01:00
元寇の話は嘘。単独で戦う武士より組織的に戦う元寇側の方が優勢だったらしい

その話でいうなら、当時の日本人口と元寇の人数考えれるとあのまま上陸してたら途中の農民の村であいつらフルボッコで全滅してたからむしろあいつらにとって嵐のせいで負けて逃げ帰って、結果として助かったんだよね
神風はむしろ元寇にとっての神風だったんだよ
※10 : ななしこむ  2013年11月25日 13:38
>>85
後醍醐天皇は醍醐天皇に「加後号」したもので、醍醐帝の「醍醐」は醍醐寺(醍醐山)からきている。
「醍醐寺」の醍醐は仏教用語から来ていて、元々の意味はヨーグルトのようなチーズのような乳飲料のようなものとされる「醍醐」が乳製品の中で最高の極上とされる事から、「醍醐のような最高の仏の教え」の意味で「醍醐」が仏教で使われるようになったと言われる。
醍醐味の「醍醐」もそこから転じたもの。
※11 : ななしこむ  2013年11月25日 19:35
>>81
その2人宮仕えの時期被ってないだろ確か
あとから入った紫式部が日記で清少納言ぼろくそ書いただけでしょ
※12 : ななしこむ  2013年11月27日 14:59
ゴダイゴ天皇はガンダーラに行っってない
※13 : ななしこむ  2013年11月27日 22:07
うろ覚えだが昔「侍の男同士で結婚したいんで許可お願いしゃっす」っていう内容の訴状があった(現物映像もあり)ってTVでやってたのを見たことがある
多分衆道真っ盛りの戦国期か江戸初期のものだったと
※14 : ななしこむ  2013年11月29日 02:33
マジという言葉は江戸時代には使われていた
※15 : ななしこむ  2013年11月29日 03:03
長崎と言えば鎖国時代貿易拠点だった場所だが、その影響で長崎の墓参りだけほかの都道府県が想像しているものよりも斜め上を言っている。

ふつうなら昼に掃除して線香刺して終わりだけど長崎は夜に墓場の前で花火を打ち上げてそれを見るもの。
花火を見るためのベンチも用意されており墓と墓の間も結構広い。
その花火を見ながら酒を飲んだりする。

これは中国の影響でそうなったらしい
※16 : リサイクルショップ小柳商事の桜田  2013年11月29日 10:44
いつも拝見しております。
私、リサイクルショップ小柳商事の桜田と申します。
この度、ブログを立ち上げました。
このような面白いブログになるよう頑張ります。
※17 : ななしこむ  2013年11月29日 12:50
現在のリモコンで遠隔操作するおもちゃのラジコンカーは1950年代に日本で初めて作られたもの。
当時は大卒初任給の4倍(16万)だったがあっという間に売れた。


遠隔操作自体は第二次世界大戦中に日本含め世界で研究されていたが実用には至らなかった
※18 : ななしこむ  2013年11月29日 12:58
ですます調はもともと遊郭の遊女の言葉づかい。
地方から江戸にきた武士がそれを江戸の言葉遣いと勘違いして広まった。
※19 : ななしこむ  2013年11月30日 14:55
「真田幸村は存在しない」じゃなくて「真田幸村という呼び方は当時存在しなかった」が正しいな
※20 : ななしこむ  2013年11月30日 19:52
※17
遠隔誘導弾ならWW2時にドイツが実戦で43年の時点で使用、戦果も上げている
※21 : ななしこむ  2013年12月01日 02:03
豊臣秀長は相当優秀。義理の弟じゃなくて実の弟。

足利のくじ引き将軍は実務能力はすさまじい。

清水寺の舞台の下は死者の投げ捨て場。
※22 : ななしこむ  2013年12月01日 16:26
醍醐は乳を煮詰めた蘇と言われる乳製品を焦がさないように固形になるまで煮詰めたものな。
別に作るときとか食う時に指ぬきグローブつけて「うぃっしゅ」とか言わなくていいぞ。
確か京都か奈良の寺で食えたと思うが場所忘れた
※23 : ななしこむ  2013年12月03日 23:30
※18
それ誤り
です、ます。は長州の言葉
徴兵の時全国に広まった。
ザマス言葉が遊郭言葉
明治の高官の奥方が芸者あがりが多かったので
山の手言葉という風に言われるようになった。
※24 : ななしこむ  2013年12月05日 16:37
※3
戦場に弓を落としてしまい、
「こんな弱い弓を使っているのか」と笑われるのを恐れて
危険を冒して戦場に戻って回収したという話しを聞いたことがある。
※25 : ななしこむ  2013年12月05日 21:39
諸説あるが日本は最近(2000年代)まで戦争していた
※26 : ななしこむ  2013年12月08日 16:21
>>11
福沢諭吉は裸族で
師匠宅に下宿していたとき
昼寝から起きた後寝ぼけてうっかり全裸で自室から出てしまい
師匠の奥さんに悲鳴を上げさせた
※27 : 優位七花  2013年12月11日 18:58
逆と裏は反対だ。プッwww
※28 : ななしこむ  2013年12月13日 11:31
太平洋戦争は旧財閥が起こした
開戦直後に莫大な利益を上げた
ほとんどの証拠は終戦時に隠滅してる
財閥解体についてあまり多く語られない
※29 : ななしこむ  2013年12月14日 05:54
※24
回収「しよう」とした、な(回収出来てない。そりゃ
矢がビュンビュン飛んでくる中で熊手持ってちんたら引き寄せてたら死ぬわな)

幼い帝が女官を驚かせようと廊下に油を塗ったら自分がすっころんで
頭を強打してお隠れになるという笑えない話がある
※30 : ななしこむ  2013年12月16日 19:54
ミイラを燃料にするってそんなむごい
※31 : ななしこむ  2014年01月06日 23:14
信長は側室の吉乃が死んだあと、居城から吉乃の墓がある方を見てサメザメ泣いていた。
※32 : ななしこむ  2014年01月27日 04:02
聖徳太子はいなかった。その題名の本が二冊出ている。
馬宿のミコという人はいたが、聖徳太子のような業績は残さなかった。
聖徳太子の業績は、滅んでしまった氏族の業績。
※33 : ばしくし  2014年02月11日 05:59
東京で雪が降ったら政治的によくないことが起きる
…その通り。

今回の都知事選、不正だらけの禿が当選しちゃいました。

大体、前職が5000万で辞めたのに、後継が2億5000万で当選とか、意味不明だろ。
刑事告発されてるヤツが都知事だなんて世界に対する恥。

無効にすべき。

というような大波乱があったわけです。

ますます混迷を深めていく都政。
QE3の終了により、世界中に拡散していた投機資金が引き上げ、世界同時株安が始まりました。

アベノミクスの株高を盛り上げたのも海外の投機資金筋でありますから、これが東京市場から引き上げれば日経平均株価が下がるのは当たり前です。

難しい時代に入りましたなあ…
※34 : ななしこむ  2014年04月07日 11:04
※32
>聖徳太子はいなかった。その題名の本が二冊出ている。

それは日本の歴史を妬ましく思ってる人たちの仕業だろ?

伝えられる史実には矛盾があることも少なくない。
聖徳太子も、後世の天皇がその功績にあやかって国を統治した時代があり、その肖像は脚色された面もあるかも知れない。
しかし、だからといって、その本が言うことを鵜呑みに出来るわけがない。
少なくとも、千三百年以上にも渡って守り伝えられたものがそこにあることに違いはない。
しかし、まあ、虚飾と捏造を繰り返す民族には理解出来ず、嫉妬心も相まってこういう言論を始め出すのだろう。
※35 : ななしこむ  2014年06月22日 19:39
水戸黄門こと徳川光圀は手違いで兄の頼重ではなく自分が継いだ事を気にして、
せめて次は頼重の子に継がせたいあまり、自分の子を産まれる前に流産させるよう命令したが、
結局光圀の子は無事生まれて、頼重が藩主を務めた高松藩を継いだ。

ちなみに光圀達の父、頼房も光圀達を流産させるよう命令している。
そんなら最初から子供を孕ますなよ。
※36 : ななしこむ  2014年06月26日 04:03
「偉人が残虐だった」とか「偉大じゃなく怠け者だった」
みたいな歴史豆知識を言うと「黙れチョ○」って言われるんだけど。
今じゃトリビアみたいな番組やるとデモ起きるだろうな。
※37 : 特定しますたm9  2014年07月16日 05:13
※36
歴史豆知識を言うと黙れチョ○
ktkr
itadakimass de waloss 
豆、歴史、人種
年中無休ですしおすし
※38 : 我慢  2014年09月22日 19:44
度胸試しで清水の舞台から飛び降りて怪我人が続出したため飛び降り禁止令が出たことがある
※39 : ななしこむ  2015年03月17日 21:05
間違っているかもしれませんが、織田信長が、帽子をかぶって家来の前に登場したとき、家来は大爆笑し、笑った家来はその場で首を切られたという話を聞いたことがあります。
※40 : ななしこむ  2015年04月04日 02:23
元>>85
>後醍醐天皇の「醍醐」はチーズのことを指す

醍醐は確かに古代の乳発酵食品なのだが
醍醐天皇は醍醐の地に御陵が作られたから「醍醐天皇」と呼ばれるわけで

その醍醐天皇の治世が、後の皇族に理想的な親政の時代と神聖化されたから
理想主義者の後醍醐天皇は、鎌倉幕府を倒した後に醍醐天皇の時代のような天皇親政の政権を作ろうとして、生前から自らを後醍醐天皇と号した(で理想を追求しすぎて矛盾だらけになったので、足利氏に倒された)

チーズの事を書きたいのなら、なぜ山科に醍醐という地名があるのか披露した方が良いと思う
軽く調べたが、醍醐寺の号が醍醐山というからそこから来てるんだろうけど、どうやらここから湧き出る水が醍醐の味だったので、醍醐という地名になったらしい。
現在使われる醍醐味の語源は、本当の醍醐(発酵食品)の味じゃなくて、一説にはここの湧き水を語源とするそうだ
※41 : ななしこむ  2015年05月22日 16:28
ここに書いてある中にどれだけ嘘が混じっているかな
※42 : ななしこむ  2015年06月04日 20:37
※38
え?怪我ですんだの?
どう考えても死にそうなんだけど・・・。
※43 : 特に意味もない人  2016年07月11日 09:02
ヨーグルトは酪だよ
※44 : ななし  2016年07月11日 09:07
※42
清水の舞台から飛び降りた人の生存率は70%位あるって言わない?
それは生きてやるって気概で飛び降りるから自殺願望の飛び降りと違って死ににくいんだってさ
当時一種の度胸試しのようなところがあったんだってね
※45 : ななしこむ  2016年08月12日 15:19
肉じゃがはカレーの材料で他の料理作れば備蓄食材の種類を増やさなくても献立が増やせるぜっていう、帝國海軍主計科の努力の成果らしいぞ。
※46 : 名無し  2016年08月17日 02:38
武田信玄は領地に高速道路作って、武将にフレックス出勤制度を取り入れてタイムカード書かせてた
※47 : ななしこむ  2016年08月24日 20:45
戦艦大和建造には国家予算の3パーセントが使われた。なお戦果は米軍機10機のみ。
※48 : ななしこむ  2016年08月28日 13:21
島津は八公二民の超重税国

信長の野望なんかで島津の政治80台とか見ると茶を吹くんだがw
※49 : ななしこむ  2016年11月28日 19:09
水戸も見栄で石高を高く見積もった事もあって八公二民。
※50 : ななし  2017年01月22日 18:57
日本初の爆死者は松永久秀。
戦死でも暗殺でもなく無理心中。ただし相手は茶釜。
背いた代償として信長に要求されるも、手放すくらいならとその名品に火薬を詰め、茶釜を抱いて爆死した。

既出かな。
※51 : ななしこむ  2017年02月17日 21:11
家康は標的が遠距離にあっても命中させる程の鉄砲の名手。
※52 : ななしこむ  2017年10月13日 06:18
50
それも既に否定されてるぞ
茶器に詰めた火薬程度では死なないからな
そもそも茶器に火薬を詰めたと言うのも創作だと判明してる
松永自体も、裏切り者ではなく主君には忠実で
敵対する信長に対してだけ卑劣だったのが分かって来てる
※53 : ななしこむ  2017年10月13日 06:19
聖徳太子は、日本書紀が出来る14年前に
奈良の寺に聖徳皇の名前が載っており、聖徳の名で実在していたのが分かってる
割りと本気で、日本の歴史を改竄したい勢力が
日本に偉人はいなかったといいたいためだけに
トンデモ説を持ち出してると思うぞ

コメントの投稿


:名前


※本文にレスする場合「>>レスNo」、コメント欄にレスする場合「※レスNo」「米レスNo」と書くと
 レスがポップアップで表示できます。(>>115、※10 等)

最近の人気記事

MC.Matome-Complate.com
お勧め!
オワタあんてな

相互RSS募集中!

コメント・ブックマーク・フォロー・ツイート・ご訪問ありがとうございます(・∀・)



カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新記事(画像付)
カテゴリ別アーカイブ
リンク集
逆アクセス
ブログパーツ